苫小牧埠頭株式会社

×

防災機能が充実した本社ビルと北海道クールロジスティクスプレイス

本社ビルと北海道クールロジスティクスプレイス(温度管理型冷凍冷蔵庫)は、災害時に防災拠点として活用できる機能を有した施設です。
施設の特徴は、①非常用発電設備、受水槽、衛星電話、避難スペースなどのBCPに対応した設備を有していること、②建物の強度が地震・津波等の複合災害にも対応していること、③躯体の断熱性が優れていること、④省エネ設備機器を設置した環境に配慮した施設であることです。
両施設は、地域の防災拠点としての役割を担うことが可能な「防災拠点機能」が充実した施設です。

本社ビル

屋上避難場所

北海道クールロジスティクスプレイス

屋上避難場所

公民連携の危機管理

大規模災害発生時には、苫小牧港に関係する行政機関、企業が相互に連携、協力し、港湾機能の維持、早期回復に努めなければなりません。
当社は港湾BCPを先導する企業として、公民連携の危機管理に取り組んでいます。

「津波一時避難施設としての使用に関する協定」の締結

苫小牧市の間で、「津波一時避難施設の使用に関する協定」を締結しています。
この協定は、津波発生時に地域住民の皆様に本社ビルを一時的な避難施設として使用していただくことを内容とするものです。
本協定による一時避難場所は、本社ビル4階避難広場および屋上になります。

「大規模災害発生時における相互協力に関する協定書」の締結

苫小牧海上保安署、苫小牧港管理組合、当社の3者で「大規模災害発生時における相互協力に関する協定書」を締結しています。
これは、大規模災害が発生し、又は発生する恐れのある場合など緊急やむを得ない事態において、海上保安署庁舎の機能維持が困難になった場合、海上保安業務及び災害応急対策を迅速且つ円滑に実施するために、当社本社ビルを使用することを目的とした3者による協定です。

非常用発電
4階避難ホール