沿革

昭和 35年  5月 設立(5月10 日)
昭和 38年  9月 「 一般港湾運送事業」「沿岸荷役事業」の免許取得
昭和 38年 10月 「倉庫業」の許可取得
昭和 38年 11月 営業開始
昭和 39年  5月 「海運代理店業」「海運仲立業」「海上運送取扱業」の開始届出提出
昭和 41年 11月 「倉庫証券発行」の許可取得
昭和 42年  7月 政府米保管倉庫指定を受ける
昭和 44年  7月 「内航運送取扱業」の許可取得
昭和 45年  9月 「通関業」の許可取得
昭和 45年 10月 「港湾運送関連事業」の開始届出提出
昭和 45年 11月 「一般貨物自動車運送事業」の免許取得
昭和 45年 12月 穀物サイロ事業営業開始
昭和 46年  3月 自動車運送事業営業開始
昭和 47年  7月 東京支店(現 東京営業部)を開設
昭和 49年  8月 オイルターミナル事業営業開始(苫小牧)
昭和 50年  8月 備蓄用サイロ指定を受ける
昭和 54年  2月 「第一種貨物利用運送事業(貨物自動車運送)」を登録
平成 3年  8月 八戸営業所(現 八戸支店)を開設
平成 8年 10月 石狩オイルターミナルを開設
平成 16年 10月 「冷蔵倉庫業」の許可取得
平成 18年  3月 グリーン経営(トラック事業者用)認証取得
平成 18年  4月 東北支店(現 仙台支店)を開設
平成 22年  5月 創立50 周年を迎える
平成 24年  8月 「第一種貨物利用運送事業(外航海運)」を登録
平成 27年  3月 本社移転
平成 29年  5月 「認定通関業者」の認定を受ける